voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


高視聴率男に学ぶ、結果を出し続けるポイントとは

 

こんにちは!
リーダーズヴォイストレーナー相川陽介です。

 

1月12日。

 

世間ではまだまだ新年会があるようで、お正月気分でいる方もいるんではないでしょうか♪

 

僕のほうは、先日「21世紀型書初め」なるものを終えて、すっかり再スタートです!

 

今年、2010年の書初めは「ヴォイスアーティスト de リーダーズヴォイストレーナー」でいきます。

 

お正月というと、おもしろいTV番組が目白押しでしたね!

 

箱根駅伝、高校サッカー、ラグビー・・・

 

しかし、現在、TV業界では、視聴率の低下が懸念されているのだそうです。

 

そんななか、20%を超える高視聴率番組を持つ男。

 

「視聴率男」と呼ばれる、島田紳助さんです。

 

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)など。

 

高視聴率といえば、さんまさん、タモリさん、ビートたけしさんがいますね♪

 

曰く、その方々と島田紳助さんの違いが、一つあるそうです。

 

 

 

なんだと思います??

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

「企画・演出を自分が納得できるまで口出しする」

 

 

 

ということなんですって!

 

普通、出演者がそこまでがっつり口を出さないのが慣例だそうでして。
すごいですね、「this is it」で人気再興のマイケルジャクソン氏も、そうなようです。

 

世界的リーダーである、オバマ大統領も、自分でするスピーチ原稿は書いてもらうといえど、最後にアレンジするのは必ず自分でやるそうです。

 

 

 

想いが伝わり、人にお役にたっていく声の表現のためには、

 

「自分が話す内容を、とことん考え抜く」

 

ということが大切ですね。
具体的には、

 

1、スピーチ・プレゼンをするときは原稿を書く

 

2、原稿には、事実・情報だけではなく、感情的・視覚的・聴覚的な文言も盛り込む

 

3、結論(メッセージ)を1つ明確に意識する

 

この辺りが王道です。

 

 

 

初めは「面倒くさそう」と思っても、やり続けていれば習慣になりラクになるものです♪

 

ロケットが地球を飛び立つときに使うエネルギーと、大気圏を離れて宇宙にでてから使うエネルギーの比率は、10分の1以下。

 

初めにエネルギーが多くかかりますが、大気圏をでればラクラクっと進むのです。

 

ロケットが飛び立つときには、補助ブースターがつきますね。

 

ヴォイストレーナーは、その補助ブースターのようなものです。

宇宙にでるまでのサポートに、ヴォイストレーナーを活用してみてください♪