voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


股関節ゆるめる

こんにちは!

恵比寿で話し声・スピーチヴォイストレーニングしている相川陽介です。

 

 

「呼吸が浅い気がするんですが、どうすれば呼吸が深くなりますか?」

 

という質問を受けることがあります。

 

呼吸が浅い・・・

 

とか、意識したことありますか??

普通に生きていれば、ほとんど意識することはないんじゃないでしょうかね。

 

意識しやすいのは、

「あー舌がまわらない」

「うー、声が通らない」

とか、そういうことでしょう。

 

こういうのは、なんかプレゼンするときとか、ものすごく痛感しますね。

しかし、実は、そういうことの原因が、「呼吸が浅いから」である場合があるのです。

 

さて、呼吸が浅いことについて。

どうすれば、深まるのか?

 

その答えの一つに、
「股関節をゆるめると、呼吸が深くなりやすいです」
という答えがあります。

 

こかんせつ。

さて、これはヴォイストレーニングの話ですが、なぜ呼吸が深いといいのか?

というか、深いって、何が深いの?

 

意味?

 

哲学?

 

水深?

 

いいえ(笑)
ちなみに、世界一水深が深い湖といえば、ロシアにありますね。

先日の読売新聞に、「プーチン首相、海底に沈む」という記事がありました。潜水艇にのって、ふかーーーく潜ったそうです。
涼しい話題ですが、声には関係ないですね(笑)

 

呼吸が深いというのは、横隔膜の下がり具合のことだと相川は思っています。

どういうことか。

呼吸、すなわち息を吸ったり吐いたりすること。

そのとき、横隔膜(おうかくまく)という筋肉の膜が活躍しています。
横隔膜は、肺とその他の内臓をわけている膜です。

一番下の肋骨の辺りについています。

この膜を、ぐっと下げると、息が肺に入ってくるわけです。

そのとき、横隔膜の上には肺があり、下にはその他の内臓があります。

その内臓の下には?

骨盤底(こつばんてい)という筋肉たちがあります。
この骨盤底がこわばっていると、内臓が下にさがりにくく、ゆるんでいると、内臓が下にさがりやすいのです。

内臓が下にさがってくれれば、横隔膜がさらに下にさがりますので、結果、肺により多くの息がはいってくることになります。

呼吸が深いとは、このように、横隔膜がしっかりと下がっている状態といえるのです。

 

骨盤底をゆるめるといいのはわかったが、どうすれば?

骨盤底という筋肉はインナーマッスルなので、体の外からほぐしてあげることができません。

 

その答えが、股関節をゆるめる、なのです!

股関節は、骨盤底の筋肉たちと近い距離でつながっており、股関節をゆるめることによって骨盤底がゆるみやすくなるのです。

これからお話する股関節ストレッチ、カンタンですのでぜひ実行してみてください!

場所は、自宅がいいです。
お風呂上りがベストです。
特に汗をかくような動きではないので。

1、床にお尻をつけて座る

2、両足の裏を合わせる。

3、両ひざを手で外側に押して地面に近い位置まで下げる

4、そのまま少しずつ前傾する

5、その状態で股関節が伸びていくのを感じながら1分間待つ

以上です。

呼吸のときに、口から吐かれるものは息。

 

息は、「自分」の「心」と書きます。

呼吸を深めることによって、自分の心を深めていきたいものです。

 

ヨガや禅では、呼吸法に秘伝があるといいます。

 

秘伝というだけに、呼吸については、どうしても個々の体の状態、クセに左右されます。

何ができていて、何ができていないのか?

それについて知るためには、ある程度わかるヴォイストレーナーに確認するのが手っ取り早いです。

 

個人レッスン体験なら、一回5千円で1時間、みっちり確認できます。

 

お問い合わせは以下より↓