voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


美容部員のための声の出し方

こんばんは!
リーダーズヴォイストレーナー相川陽介です。

 

今回は美容部員のための声の出し方について書いてまいります。

 

三越やら、伊勢丹やらデパートにいくと、必ずあるものがあります。
それは、、、、

 

「化粧品コーナー」

 

です。

 

ありますよねー
シャネル、グッチ、ランコメ、アルビオンなどなど・・・

 

その化粧品コーナーに必ずあるもの。
それは、、、

 

「美容部員のおねえさん」

 

です!

 

「いらっしゃいませーー」

 

これは、自分にあった化粧品を選んだり、商品の説明を聞いたりと、とてもありがたい存在、のはず。

 

 

 

その美容部員を育てる専門学校があるくらい、全国で求められている職種。

 

その美容部員のために、立ち姿勢、スキンケア法、話し方、接客マナーなどなど必要知識があるようです。

 

こと、声については、どういう声が求められるでしょう??

 

まず、
「これだとマズイ・・・」
を挙げて、それを改善していく形で解説していきたいと思います。

 

1、説明が聞こえないくらい小さすぎる声
⇒聞き取りづらくて、じっくり話を聞く気にならない。

 

2、暗い声
⇒楽しいはずの買い物に、くらーーい感じの声で接客されるのは
よくないですね

 

3、こもった感じの声
⇒聞き取りづらい印象になりやすい

 

4、甲高い耳障りな声
⇒聞いてて疲れる

 

「ああ、私はこのタイプかもしれない・・・」

 

と思った方は、下記の解説を参考にされてくださいね!
では、それぞれのタイプに対して、どう対処するといいでしょうか?

 

 

 

 

 

1、説明が聞こえないくらい小さすぎる声
⇒声量を引き出すトレーニングが効果的です。
具体的には、一週間に1時間、一人でカラオケにいくことがオススメ。
カラオケでは、
「やっっほーーーー」
など、大きな声を出す練習をしてください。
マイクは使わないように。練習の意味がなくなります。

 

 

 

2、暗い声
⇒カンタンな解決策としては、笑顔で話すことです。
暗い声の原因のほとんどは、無表情のように思います。
表情に左右されずに、様々な声質を使いこなすテクニックもありますが、それは高等テクです。

 

鏡の前で、笑顔で3分間程度キープする練習をしましょう。

 

3、こもった感じの声
⇒低めの声の人に起こりやすい現象です。
解決策としては、
「声を遠くに飛ばすイメージ」
で声を出すことです。

 

30センチ先に向けて声を出すのと、10メートル先に向けて声を出すのでは、相手に伝わる印象が大きく異なります。

 

 

 

4、甲高い耳障りな声
⇒一番カンタンな解決策は、ゆっくり話すことを意識することです。
こういう印象の声になる原因は、
①声が頭頂部でよく響いている
②浅い位置での呼吸をしている
の二つが挙げられます。

 

理想的には、腹式呼吸による、ゆったりした長い深い呼吸を身につけることです。

 

 

 

と、今回は、美容部員のための声の出し方について書かせていただきましたが、他の様々なサービス業・接客業の方にも共通するポイントですね。

 

根底にあるのは、相手を思いやる声の使い方をすることではないかと思います。

 

お客様が一人一人違うように、人の声の課題・解決策も一人一人違います。

 

お客様のために、自分の成長のために、よりよい声の使い方をしてまいりましょう!

個人レッスンの体験は、こちらの問い合わせフォームのメッセージ欄に「体験希望」と書いて送信してください。