voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


紅白出場歌手に学ぶ、声の出し方

こんばんは!
相川陽介です。

だんだん年末が近づいてきました。

今日はいい天気♪

冬の空気は澄み切っていて、ピンとしている感じ。
好きです・・・

年末といえば、どうですか?
僕は、九州モンなので、帰省するのが楽しみです♪

年末といえば、大晦日の紅白歌合戦ですね!

先日、テレビで紅白のプレ番組のようなものが放送されてました。

演歌では氷川きよしさん。
小林幸子さん。
北島三郎さん。
ジェロさん。

ポップスでは、EXILEさん。
浜崎あゆみさん。
aikoさん。
SMAPさん。
中島美嘉さん。
福山雅治さん。
などなど・・・

 

超人気かつ有名歌手ばかりが勢ぞろい。
いったい、出演料だけでいくらかかるか想像もつかない・・・

ところで、あなたは、紅白出場の歌手だったら、どの歌手みたいな声になりたいと思います?

女性ならば??

きっと、自分だけの好みというのもあるとは思いますが、だいたいは2つのタイプに分類できるかと。

1、低音が魅力の声
和田アキコさん、平原綾香さん、小林幸子さんなど

2、高い音がかわいい感じで魅力的な声
大塚愛さん、aikoさん、浜崎あゆみさんなど

 

どっちのタイプがいい??

 

と聞いたら、このブログの読者さんは100人中90人は、
「そりゃ、自分がなるんだったら高い声がかわいい声がいい!」
とおっしゃるのではないでしょうか(笑)

 

「でも、高い声なんて、うまれつきなんでしょ?私にはムリ」

 

と思っている方も多いかと思います。

高い声が生まれつき、というのは本当です。
最近のポップスの歌手はほとんど、生まれつき声が高いですね。
有名なマイケル・ジャクソン氏も然り。

「あーう!」

とかいってます。

 

同様に、低い声というのも、生まれつきなんで、声が低いことをコンプレックスにもつことはないんです。

でも、やっぱり、かわいい感じの高い声にもあこがれるものですよね。

男性が「かわいい」と感じるのは、男性が出すことのできない高い声のケースが多いようですし。

 

大丈夫!

実は、ヴォイストレーニングによって、高い声というのはある程度、誰でも出せるようになるんです。

これは本当。
有名なオペラ歌手が、アルト(中低音)からソプラノ(高音)にトレーニングで変わるということは、実際にある話です。

 

では、どうすれば、大塚愛さんやaikoさんみたいな高い声が出るようになるのでしょうか??

そのために、効果的な方法を一つ御紹介!

それは、、、、

 

「ハミングトレーニング」

 

です。
ほら、鼻歌で、「ふん~フフフ~ん」なんて歌ったりするでしょう。
あれです。

やり方を説明しますね。

1、右手をおでこにあてる

2、ハミングする「んーーーーーーーーー」
→15秒くらい、一息で伸ばす
→その時、右手に、おでこがビリビリ震える感じを感じる

3、おでこがビリビリしたまま、口をあけて「んーーーまーー」
と声を出す。

4、3を10回ほど繰り返す。

 

以上です。

やってみるとわかりますが、おでこがジンジンしている状態で出した声というのは、割と普段の声よりも高い声である場合が多いです。

今回は、女性のかわいい声というのがテーマですが、もちろん男性が高い声で歌いたいという望みの場合でも有効です!

早速やってみてくださいね♪

しかし、高いかわいい声が出ても、実際にそれを歌ったり、普段の話し声に活かすためには、呼吸や体の使い方・滑舌などのトレーニングも欠かせません。

「やってみたいな」
と思われる方は、近々開催する
「クリスマス直前!声のプロと心理のプロが伝授する!異性の心に響く声セミナー」
にいらしてみてください!

初めてヴォイストレーニングを受ける方ばかりですので、入りやすいと思います。

詳しくはコチラ↓
http://ameblo.jp/voice-artist/entry-10400417243.html