voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


笑えるスピーチ共通点

 

では、笑えるスピーチの特徴はなんでしょうか。

分類すると、二つのパターンがあるようです。

1、ひな壇型
島田しんすけ、さんまさんなど

トークの中で、お客さんをいじりながら笑いを積み重ねていく。
トークの流れの中で、状況を判断しながら笑いを取る

 

2、もちネタで勝負型
ギター侍、落語家、吟じます、など

一定のトークをあらかじめ用意し、ネタをやります、と言ってはじめる。

一定のパターンがあるトークの、細かい部分を変更して、幅を持たせる。

 

上記したのはお笑い芸人。
しかし、我々はお笑い芸人でしょうか?
大多数の方は違うはず(笑)

では、笑いを取っている講演家は、上記のどちらか?

 

 

答えは、、、、両方。

 

使い分けています。

 

卓越した講演家は、毎回、落としどころとなる話を持っていて、そこにたどり着くまでに、アドリブで拾ってきた話をくっつけます。

落語家が、ネタをはじめる前に話す、導入のトークと同じです。

この導入トークのときのネタを選ぶ際には、

1、時事ネタ
政治とか、経済、来場者がニュースで見てるであろうネタ

2、家族ネタ
自分の家族で最近起こったエピソードなど

3、ご当地ネタ
来場者の地元を取り上げて、食や歴史などを絡めたネタを話す

などなど、なるべく身近に感じられて、笑えるネタを選ぶわけです。

卓越した講演家は、これがすごーくうまいです。

 

この力を身につけるには、ネタを普段からアンテナを立ててリサーチしておく必要があります。

そして、ばんばん実践する。
人前で。
仲間とのトークの中で。

反復練習が、スピーチでの導入の武器になります。