voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


男性らしい声を手に入れるには?

発声についてです。

「男らしい声を出すためには、どうすればいいんですか?」

という質問の答えは、、、

1、肋骨を響かせる発声をする

2、深く安定した呼吸で発声する

この二つです。

1について。

発声は、体のどこを重点的に響かせるかによってかなり変わってきます。

女性らしい発声については、頭の響きを重点的に使うといいと書きました。

ちなみに、男性らしい声というと、

①男くさい系

・低音で渋い声

・ゆったりとして奥行きが感じられるような声

・静かで、深みがある声

②元気系

・明るく爽やかな声

・はぎれがよく、勢いのある声

・よく通る、明朗な声

など、大きく分けて2つの系統があるように思います。

どちらも一長一短。

①は間違えると、こもった感じの暗い発声になります。

②は間違えると、かん高い、深いな浅はかな感じ、下品な発声になります。

普段のコミュニケーションを考えると、上の二つが使い分けられることが望ましいですね。

絶対ではないですが。

ここでは、①の系統の発声について考察します。

肋骨をしっかりと響かせて発声するためには、肋骨周りの筋肉をしっかりとほぐし緩めることが重要です。

具体的に言うと、首、肩です。

その二つが凝っていると、肋骨がよく響いてくれず、のど声っぽい響きになるようです。

首は、稼動域全体を使ってぐるぐるゆっくり回してほぐしましょう。

肩は、ぶらぶらとゆすってゆるめましょう。

そして、首と肩をゆるめたら、発声へ。

胸、みぞおちよりやや上の辺りに手をあてて、「んんーーーーーー」と低い音でハミングしましょう。

そのとき、肋骨がびりびり震える感覚を感じられるように。

できない人は、あくびをしているときの口・のどの状態を思い出しましょう。その状態は、胸を響かせやすいです。

そこが響く感覚がわかったら、そこを響かせたまま、話してみましょう。

普段話すときよりも、声に深みがますはずです。