voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


水中で温暖化首脳会談に学ぶ、肺活量と声の不思議なカンケイとは?

 

こんにちは!
相川陽介です。

今朝のニュースで、おもしろいものがありました。

「目前、温暖化対策求め世界各都市で市民ら抗議行動」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671591/5000717
とのこと。

なんと、街中の水槽で、各国首脳たちが国際会議を行なっているっぽい写真・・・

 

寒そう。

 

動きにくそう(笑)

 

水の中って・・・(笑)

かろうじて、息はできる水位のようですが、、、
息を止めて、会議はできないですよね、、

 

ところで、声と肺活量って関係あると思います??

水の中で息を長く止めてられる人の方が、いい声?

なんか、肺活量がある方が、いい声がでそうな気がしますよね・・・

 

よく女性に言われるのが、
「わたし、肺滑量少ないので、声ちっちゃいんですよね・・・」
とか。

そう、肺活量少ない=声ちっちゃいという認識。

 

実はね、それはウソです。
誤認。
よくある間違いです。

 

ヴォイストレーニングの世界でも、肺活量と声の関係性については議論されています。

結論からいうと、

 

「ないよりあった方がいい」

 

程度のものです。

もちろん、プロフェッショナルとしての声の使い手であれば、大いに関係あります。
肺活量を増やすためのヴォイストレーニングメニューというのもあります。

 

しかし、それに焦点を当てることよりも、声が響きやすい体になることや、少ない息を効率的に使う技術の方が大切になってきます。

 

「最小の努力で、最大の成果を」

 

という考え方です。

 

 

声ちっちゃくて困っている人には、こんなメニューがおすすめです!

1、ゆるぽかトレーニング
→お風呂に20分程度つかり、あがってから全身ストレッチする

2、山彦トレーニング
→カラオケに一人でいき、
「やっっほぉーーーーーーーーーー」
を、10回くらい繰り返す。

3、好きな曲を5回くらい歌う

 

この3つ。
これを、1週間に一度やるだけで、声量は伸びてくるはずです。
注意点は、1を必ずやることですね。
いきなり2からやると、ノドかれる可能性大。

 

とまぁ、今日は、「水中で温暖化首脳会談に学ぶ、肺活量と声の不思議なカンケイとは?」というテーマで書きました。

ともあれ、声量をアップしていくトレーニングというのは、正しいやり方でいくのが一番の近道なので、できれば、ちゃんとしたトレーナーについた方が安全確実ですね。

 

声量が伸びるとね、ものすごーーーーーーーーく気持ちいいですよーーーーー♪

 

世界が変わります。

 

興味がある方は、個人レッスンの体験におこしくださいね!
「体験VT希望」と書いて送信してください。
http://aikawayohsuke.com/contact.html