voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


日本語のルーツのはなし

こんにちは!
声の芸術家です。

 

最近、ニュースで東アジア共同体の話題が取り上げられていますね。

 

ニュース↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/130582

 

鳩山首相が「東アジア共同体」でいこう!という発言をして、先日までタイで首脳会談が開催されてました。

 

一方で、ヨーロッパの方では、EUの試みも順調に進んでいるようですし、平和を願う相川としては、地域間の連合がより平和な世界へつながっていけばいいな、と思っています♪

 

さて、その東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓、インド、オーストラリアなど計16カ国が参加する東アジアサミット。
これだけ多くの国の人たちがでてきたら、使用言語は恐らく英語で統一されていたのでしょう。

 

恐らく、みな英語を使って話していても、かなり声の感じは違っただろうと思います。

 

各国首脳たちの写真を見ると、それほど大きな体格の違いはないですが。

 

そう、フツウ、体格が違うと声の感じがかなり変わってきます。
一番大きい違いは、男女差。

 

男女だと、骨格や骨質、頭の骨や肋骨など違いが大きいですね。

 

一般的に、身長が高い人のほうが声が低く、身長が低い人の方が声が高いのです。

 

実は、そういった体格そのもの以外にも、国によって大きく違うものがあるのです!
それはなにか??

 

周波数です。

 

いわゆる、響きです。

 

発声表現研究家の楠瀬誠志郎さん曰く、、

 

中国語や、バリ島で使われるバリ語はものすごくキーが高い。
ブラジルのポルトガル語は、他の地域のポルトガル語より周波数が高い。

 

一方で日本語はやや低めである。

 

とのこと。

 

もっとわかりやすくいうと、基調となる声の高さも国によって違うということです!

 

日本の場合は、縦に長い国なので、北海道と沖縄では最高50度もの気温差がでてきます。

 

寒い地域で育った人は、声が高く、また周波数も高め。
暖かい地域で育った人は、声が低めで、周波数も低め。

 

ヴぉいすとれーなーとしての経験から言うと、確かに・・・と納得です。

 

声の高さの違いは、発声のときのクセから生まれているように感じます。

 

寒い地域で育った人というのは、寒い場所に適応した体になっていくのでしょう。
発声の場合は、あんまり外気を取り込まなくて済む様に、口の中と鼻の奥の響きを使って、ややこもった発声をするようです。

 

津軽弁などは、わかりやすい例ですね。

 

以前、青森の温泉に入ったとき、地元のおじちゃんたちが裸でしゃべってました。

 

「わい~どんだんず~なんもはってね~なんぼが貸してけね?」

 

「まねじゃ~、わもあまし金ね~も」

 

 

 

おぉっ・・・・
what??

 

一方で、南国で育った人というのは、比較的口を大きく開けてしゃべる人が多い気がします。
温暖な気候のおかげでしょう。

 

最たる例を挙げるならば、明治維新の頃に活躍された、西郷隆盛氏。
誰もが知っている有名人ですね。

 

また、日露戦争でロシアのバルチック艦隊を破った、東郷平八郎氏。

 

二人とも、南国、鹿児島での生まれ育ちです。
暖かい地域の人は、声が低めで、周波数も低め。

 

ちなみに、この低めの声というのが、大きな組織のリーダーにはちょうどいいようです。

ちょっとした、声の地域による違いのはなしでした!