voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


姿勢のはなし

こんにちは!
声の芸術家です。

今朝は、恵比寿にて朝ごみひろいでした♪

台風の影響か、非常に傘がたくさん落ちていました・・・

ごみを拾いながら歩いていると、ずっと地面を見て歩くので、腰を曲げた状態が続きます。

その様子って、あぁ、田舎で田植えをしているときの姿勢にけっこう似てます。

姿勢というと、普段、どんなことを意識していますか?

 

「姿勢?そんなの気にかけたことないよ」

 

「あぁ、姿勢ですね。わたし、よく猫背っていわれるんです・・・」

 

「はい、ぴしっと立てるよう普段から意識してます!」

などなど。

かくなる相川も、姿勢にはかなり気を使ってきました。
というののは、剣道をやってきたからです。

重たい防具を身にまとって、姿勢正しく立つのは結構エネルギー使います。

おかげで、首の筋肉が強くなったように思います(笑)

 

しかし、街中を見ると、道を行く6・7割の人は猫背になっているような気がします。

まぁ、体のことは、体の専門家に聞くのが一番なんで、詳しいところは人気トレーナー森拓郎氏のブログをみていただいて・・・・↓
http://ameblo.jp/t960/

猫背になる気持ちも、よくわかります。
重たいビジネスバックを肩からぶらさげて後ろにやってると、そりゃ猫背になりますよね。

でも、美しくはなく。

 

一方で、高めのヒールをはいて歩いている方は、いわゆる「はと胸でっちり」という姿勢になりやすいようです。

この姿勢は、太ももの前の筋肉がつきやすく、結果その辺が太くなりやすいようです・・・

注意ですね。

声を出すときの、ベストな姿勢はどんな姿勢か?

 

結論から言うと、

1、骨で立っている状態

2、イメージは前6割、後ろ4割の体重配分で立つ

この二つです。

 

1の骨で立っている状態とは?
演出家の鴻上尚史氏曰く、

「重力の線は、あなたのからだの真ん中をつらぬいています。頭は百絵(ひゃくえ)から始まり、背骨の後ろではなく前側を通り、股関節、ひざの関節を通り、かかとの間接を通っていきます。」

すっごくカンタンに言うと、まっすぐ立つってことです。

アタマのてっぺんから股関節の真ん中辺りからすっーーーっと、背骨が伸びる感じで。

背骨をまっすぐというのも大切ですが、もう一つ大切な箇所があります。

それは、骨盤です。

骨盤が前や後ろに傾いていると、背中や腰が痛くなりやすくなるようです。

平行になるよう意識しましょう。

そして、2のイメージの話。

姿勢はあくまで、すっとまっすぐ立つなのですが、イメージは、前6割、後ろ4割で。

これは、足の裏にかける体重の割合のことです。

やや、前に体重がかかっている感じのほうが、声にパワーがのりやすいのです。

影響力を発揮したいとき、情熱を伝えたいときなどは、これを活用してください!

逆に、癒し系の声でいきたいときは、この限りではありません。

 

さて、ベストな姿勢になるためには、どうすればいいか??

 

一番カンタンな方法をお伝えしますね。

 

それは、、、、、、

「ショーウィンドウに映る自分の姿を見る」

です。

 

カンタンですよね!
あなたがよく通る道に、自分の姿がうつるガラス窓、ありますよね。

そこで立ち止まって、
「背骨は・・・・よし、骨盤は・・・・よし、OK!」
と、毎日、気づいたときにセルフチェックしてください。

 

まずは3日続けてみてくださいね!

 

「この姿勢でいいんでしょうか?」

「ちゃんと立ってるつもりなのに、なぜか腰が疲れるんですけれど・・・」

などなど、セルフチェック以上のものを求める場合、相川に見てもらうと早いです♪