voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


レッスンの中でどれだけできんの?!

こんにちは!
恵比寿でヴォイストレーニングしている相川陽介です。

2月3月は、新たにことを始めるのにいい季節?なようで。
最近、どんどんヴォイストレーニングを受講される方が増えています。

それと同時に、相川の責任も重くなります(笑)

そりゃまぁ。

がんばります。

よく思うことがあります。

それは、疑問。

 

こんな質問です。

 

「レッスンだけ受ければ、話がうまくなりますか?」

「レッスンだけで、プレゼンやスピーチがうまくなりますか?」

「レッスンだけ受けてれば、声がよくなりますか?」

 

答え。

そりゃなれます。
なれるように、メニュー組みます。

でもね、それは、学ぶ姿勢としてどうなのー?!
と思うわけです。

すごーーく一般論なんですけど、こういう自分の能力を磨くものはすべからく、

1、学んだ内容を、普段どれだけ意識できるか

2、学んだ内容の実践の場を、どれだけ用意できるか

が、大事ですよね。

たとえば、英会話。
どれくらいの期間で身につけたいかによるとは思うんですけど、実際に英語でしゃべる機会ないのに身につけようなんて、無理なハナシ!

たとえば、ランニング。
走り方の正しいフォームをコーチから学んでも、自分で走るときに意識しないと、意味ないですよね。
なんのために受けてんの!?
っていうわけです。

 

世間のヴォイストレーニングスクールの中には、その「実践」ということを意識して、発表会やオーディションをすすめるスクールがあります。

それは、実践の場を想定できるんで、いい試みだなと思います。

 

声においての、実践の場とは?

いくつか想定しますね。

1、営業先での第一声「こんにちは!失礼します」のとき
⇒明るい声で、通る声で発声できてますか?

2、居酒屋で「すいませーーーーん!」と店員さんを呼ぶとき
⇒一発で振り返ってもらえてますか?

3、社外の人向けにするプレゼンテーションのとき
⇒胸の響きや、深い呼吸、カツゼツは意識できてますか

4、カラオケで歌うとき
⇒事前に軽く、ウォーミングアップできてますか?ワークアウトです

5、社内でスピーチするとき
⇒スピーチの構成は、ちゃんとできてますか?

などなど。

普段から、学んだことを実践する場はかなりあるのです!

じゃんじゃん活かして、周りの人から
「あの人、声、いいよねー」
「あの人、話上手だよねー」
といわれてくださいね♪

 

ちなみに、相川の場合、ヴォイストレーニング業界の中でも、ぐっとミニマムサイズな会社なので、小回りが利きます。
ゆえに、全員オーダーメイドメニュー。
かつ、その人の仕事に役立ちそうな人とか、積極的に紹介したりしてます。
また、どんどん実践の場を提供するよう心がけてます。

本人のためになるならね♪

これから受講してみたいという方は、体験レッスンにどうぞ!
コチラの案内を読んでからお願いしますねー