voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


リュックサックとハイヒールのはなし

こんにちは!
恵比寿でヴォイストレーニングをしている相川陽介です。

今週末は、バレンタインディですね♪
おかげさまで、既に友人のKさんからビッグなチョコ餅をいただきました!

うれしいですねぇ、スウィーツ好きの自分にとっては。

男子としては、あんまり甘いのが好きでない人もいるんですけれど、そのチョコに添える「気持ち」がうれしいものです!

 

今回は、こんな記事を発見しましたのでご紹介します。

 

「気になる女の子からチョコレートを渡されるとき、言われたい一言」

 

についてです!

なんて言われたいでしょうねぇ??

ご紹介します。
ちなみに、男性81名に対してとったアンケートの結果だそうです。

 

【9位】「みんなには言わないでくださいね。」(1.2%)
男性と秘密を共有することで、一体感を演出するパターンです。思わせぶりな一言のため、その後男性が積極的にアプローチしてくる可能性があるので、伝える男性を見極める必要があります。

【8位】「いま好きな人はいるんですか?」(4.9%)
渡したタイミングで、「好きな人や恋人の有無」を確認するパターンです。ただし、重苦しい空気で聞いた場合、「好きな人はいないよ。」と言われても、やや 気まずい空気が流れる恐れがあります。答えを聞いて、すぐに話題を変えることができるくらい軽いノリで聞いた方が良いでしょう。

【7位】「実は、このチョコレート、手作りなんです。」(6.2%)
手作りチョコレートに憧れている男性に対しては有効なフレーズです。ただし、若干恩着せがましい印象を与える恐れがあるので、サラッと言い放つと効果的でしょう。

【6位】「今度、食事に連れて行ってくれませんか?」(7.4%)
チョコレートを渡したタイミングを利用して、思い切って、食事に誘うパターンです。 チョコレートをもらっているので、食事の約束をしてくれる男性もきっといるでしょう。

【5位】「ホワイトデー期待しています(笑)」(8.6%)
冗談半分でホワイトデーのお返しをアピールするパターンです。男性にしっかりとアピールすることで、ホワイトデーにお返しをもらう可能性を高めます。何度 も繰り返した場合、「ホワイトデーを目的にチョコレートをくれたのか・・・」と男性をガッカリさせる恐れがあります。

【3位】「他の人よりちょっと高級なチョコレートだよ!」(17.3%)
他の人と違ったチョコレートを渡していることをアピールするパターンです。「本命チョコレートだよ。」と間接的に伝えることができます。

【3位】(手紙付きで)「後で読んでね!恥ずかしいから。」(17.3%)
チョコレートと共に、手紙を渡すパターンです。「恥ずかしいから」というコメントによって、「何が書いてあるのだろうか?」という妄想を駆り立て、チョコレートを味わうことに加えて、手紙を読む楽しみをふくらませることができるでしょう。

【1位】「他の人より多く愛情を込めたよ!」(18.5%)
みんなに配るチョコレートの品質が同じだった場合のフレーズです。チョコレートはみんなと同じであっても、「愛情」というちょっとした言葉だけでも、男性 のテンションは急上昇するようです。ただし、男性全員に言った場合、「あ・・・みんなに言っているんだ・・・」とガッカリさせる恐れがあるので、気になる 男性にだけ伝えた方が良いでしょう。

【1位】(上目づかい)「受け取ってもらえますか?」(18.5%)
「受け取ってもらえますか?」という不安な気持ちを口に出すことで、男性をキュンとさせることができます。さらに、上目づかいで男性を見つめることで、男性をドキドキさせることが可能となります。

 

とのことでした。
なるほど、「受け取ってもらえますか?」がトップ。
上目遣いで、というのが必殺っぽさを感じさせます(笑)
自分だけ、特別扱いをされている感覚を感じさせます。

こういう渡し方をしていると、周りの女子からはまず間違いなくねたまれるでしょう。
ぶりっこしやがって!と(笑)

 

しかし、男性は、こういうわかりやすい胸キュン技に弱いのです。
女子から見たらばかっぽい仕草は、本当に効果的。

 

では、チョコを渡すときの声ですが、どんな声が効果的でしょうか?

高い声?

低い声?

 

これも、前述したとおり、
「普段出さないような声」
でいきたいものです。

つまり、普段、周りの友達や男性に対しては出さないような声で。

具体的には、普段の声よりも、「高く」、「小さく」出すということです。

「高く」ということは、すぐご理解いただけるのではないでしょうか。
そう、男性には出すことができない声だからです。

「小さく」というのは??
それは、ささやき声くらいの小ささです。
そういう声は、普通どういうときに使うかというと、

・秘密をうちあけるとき
・とても親密な仲の人と、二人きりの空間で
・ベッドサイドで

なわけです。

ささやき声というのは、それだけ特別なものです。

普段、電話や接客、営業の時にささやいてたら仕事になりません(笑)

ささやき声を魅力的に出すためにはどうすればいいか?

それは、まず、息を多く使うことです。
ささやき声のキホンは、ブレス。

息を、やや口の中の上のほうに当てる感じでささやいてみましょう。
ただ、ささやくだけよりも、言葉が聞き取りやすいはずです。

 

と、今回は、チョコを渡すときに添える一言についての話でした♪

仕事でうまくいく人、恋愛でうまくいく人も、タイミングをつかむのがうまいものです。

バレンタインディという絶好のタイミングを、ぜひ活用してくださいね!

 

個人レッスン体験は、コチラ↓