voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


ブッシュその2

こんばんは!
リーダーズヴォイストレーナー相川陽介です。

 

昨日のブログで御紹介した、ブッシュ大統領の演説についての続きです。

 

さて、ブッシュ元大統領の演説の動画、ご覧いただいたでしょうか。

 

まだの方は、ぜひ一度どうぞ。

 

この演説の構成、とてもざっくり解説するとこうです。

 

「アメリカ国内で、同時多発テロが起こった」

「ビルが倒壊し、多くの死傷者がでた」

「国民が、悲しみと絶望を感じている」

「しかし、テロリストは失敗した」

「ビルは壊せても、我々アメリカ人の誇りを壊すことはできなかった」

「勇気あるレスキュー隊員がいた」

「我々も、勇気を持って、一つになって再び立ち上がろう!」

 

これは、ハリウッド映画の脚本ライティングとして有名な
「神話の法則」
というものを活用した原稿なのです!

 

非常にかいつまんで言いますと、
「何かが欠落した主人公」
というものを最初に設定するのがキモなのです。

 

例えば、
「○○高校は、最初不良だらけだった。しかし、ある事件をきっかけに全員が変わった。そして、地域を活性化させるプロジェクトを成功させるにいたった」
とか。

 

この○○高校が、もともと全員超優秀で、貢献心の塊だったら、感動が伝わりにくいわけです(笑)

 

例えば、世界で活躍しているオペラ歌手ポールポッツ氏。
外見で恵まれず、チャンスに恵まれず。
しかし、オーディション番組で成功。一夜のうちに世界的歌手へ。

 

これが、元から恵まれてたらおもしろくないわけです。

 

このような、
「欠落した主人公」
というものを、スピーチ原稿の中に盛り込むと、聞き手の感動を引き出しやすくなるという寸法です。

 

オバマ大統領も多用しているメソッド。

 

 

 

この演説の原稿のテクニックについて書かれた○○氏の著作曰く

 

ともあれ、感動するスピーチというのは、上記メソッドのことなど知らずとも、自然とその通りに構成されているものです。

 

普遍的なものなのだと思います。

 

これを応用するとしたら、例えばプレゼンの時。

 

「わが社は、元々、社長の○○が裸いっかんで始めた小さな会社でした。早稲田の月3万円の木造アパートで創業しました。様々な試練を乗り越え、今では丸の内にビルを構える企業に成長しました」

 

というような構成にしてみるとか。

 

 

 

ぜひ実践してみてくださいね!

 

実際にヴォイストレーニングを受講している方は、こういう風な原稿をライティングしてもらうこともあります。

実践力を身に着けてもらうことが大切ですからね・・・