voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


フォームについて

こんにちは!
声の芸術家です。

 

今日の話は、
「年末に、大勢の前で話すことになっているんですが、声に自信がなくて!どうすればいいでしょう」

 

「わたし、すごい講師になりたいんです!」
という人に、ぴったりのお話です。

 

さて、11月の16日。
クリスマスやら、忘年会のシーズンがやってきますね・・・

 

僕はというと、厚着してます(笑)
決して、暑さ・寒さに弱いわけではないですが、体冷やすのはよくないですからねー

 

寒くなってくると、コートを着て、ちょっと背中を丸めた姿勢歩いてしまうものです・・・

 

 

 

姿勢といえば、オバマ大統領が天皇陛下にした
「お辞儀」
が、いまアメリカで波紋を呼んでいるようで。

 

「大統領として適切ではない!」

 

という批判。
ふーむ、文化の違いだ・・・と感じますね。

 

サウジアラビアの王室でのお辞儀も、深々と。

 

日本人の感覚だと、お辞儀って当たり前ですもんね!
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
という言葉もあります。

 

姿勢というのは、声にも大きく影響を与えます。

 

 

 

「どういう姿勢がいいんですか???」

 

 

 

とは、よく聞かれる質問です。
結論からいうと、「骨でたっている姿勢」なんですが、それについては以前のブログで詳しく説明しましたので、興味ある方はどうぞ↓

 

『美しい姿勢の話、その1の巻』
http://ameblo.jp/voice-artist/entry-10374234662.html

 

『美しい姿勢の話、その2の巻』
http://ameblo.jp/voice-artist/entry-10374236328.html#main

 

 

 

しかし、実際、ものすごく声がいい人や、スピーチがうまい人はどんな姿勢で話しているでしょうか??

 

これは、そういう人が話している様子を、横から観察するとわかります。

 

 

 

綺麗にたってる?

 

どんな姿勢??

 

 

 

 

 

結論からいうと、ほぼ例外なく
「前のめり」
です。

 

もう、立ってるだけで、なんかすごそう!
という感じ(笑)

 

相川は職業柄、すばらしいスピーチをされる方を研究対象とし、話している内容だけでなく、表情や言葉の使い方、発声や呼吸、姿勢なんかをじっーーーーーーーーーーっと見ています。

 

変態的ですいません(笑)

 

楽しいので。

 

 

 

そう、前のめりなんです。
やや前傾。

 

だいたい、体重の割合が前に約6割~8割のようです。

 

普通の感覚からいうと、
「ちょっと前にいきすぎでしょ!?」
と、感じるくらいです。

 

 

 

国内の外資系生命保険会社の営業マンの約半数が受講するという、営業マンの神様、アチーブメント社代表 青木仁志氏曰く、
「体重は、前に六割にすると、気の流れがよい」

 

とのこと。

 

 

 

ただ、この「前のめり」をやるときに注意しなくてはならないことがあります。

 

それは、背骨!
あくまで、すっとまっすぐの状態で、前に体重をかけてくださいね。

 

 

 

これは、すぐにやってみるしかありませんね♪

 

ただ、シチュエーションや、伝える内容によって違ってくるんで、一人一人にぴったりのものは、やはり一対一で拝見したいです。

興味がある方は、個人レッスンを受けてみてくださいね!