voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


こんなに損してる!20代女性448名が共通して答えた、男性に求める声とは?

こんにちは!
相川陽介です。

 

おかげさまで、このブログもどんどん読んで下さっている方が増えております♪

 

書き手冥利につきますね!

 

ありがとうございます。

 

明日の夜は、
「モテ声講座」
なんでね、いつもにまして男性女性というテーマにフォーカスしてます。

 

まだ、3名くらいは入れるんで、よろしくです↓
クリスマス直前!声のプロと心理のプロが伝授する!異性の心に響く声セミナー
12月19日17時半~20時 大井町にて
詳細↓
http://ameblo.jp/voice-artist/entry-10400417243.html

 

 

 

 

 

さて、昨日は、女性のかわいい声について書きましたが、今回は、男性について。

 

「20代の信頼できる口コミサイト」コブスオンラインというサイトのニュースで、こんな記事がありました。

 

『こんなに損してる! 第2回 女子の声から分析 モテる「キャラ」作り』
http://news.ameba.jp/cobs/2009/12/52806.html

 

ですって!

 

20代の女性448名に対して、2009年10月5日~2009年10月7日に行なったアンケート結果です。

 

「第一印象が良い男性の特徴は?」というアンケート。

 

なんだと思います?

 

 

 

「清潔感がある」21.5%とトップ!

 

それ以外には、「服装がきれい」「身だしなみが整っている」など、清潔感を示す回答。

 

それに続くのが「さわやか」、「笑顔」などの回答だったそうです。

 

2008年度の、「女性が抱かれたい男ランキング」でも、

 

1位 木村拓哉
2位 松本 潤
3位 小栗 旬
4位 岡田准一
5位 赤西 仁
6位 福山雅治
7位 山下智久
8位 妻夫木 聡
9位 亀梨和也

 

と、皆さん、清潔感があり、さわやかで笑顔がいいですよね。

 

 

 

ちなみに、相川自身は、そういう爽やか系男子みたいなものは毛嫌いしてます(笑)

 

日本男児たるもの、イブシ銀の質実剛健男子を志すべし!!

 

と、思っている人ですから。。。

 

 

 

ともあれ、20代女性の多数派の意見が、そういうものであることを認識。

 

となれば、男性にとってのモテ声というのは、上記の条件を満たしたものである必要があるわけです。

 

セクシーで色気のある声や、しぶい男らしい声というのは、その条件を満たして上での応用編です。

 

まずは、清潔感のある、爽やかな声を習得、もしくは確認しましょう!

 

清潔感・爽やか感がある声というのは、どういう声か。
それは、高めの周波数が多く混じった、しっかりと息がのった発声です。

 

まず、逆を考えます。

 

フケツで、爽やかさを全く感じない声って、どんな声でしょう?

 

1、ダミダミした声

 

2、甲高くてキンキンした声

 

3、ぼそぼそした聞きにくい声

 

4、暗い声

 

が、それの代表です。

 

1が発生する『原因』は二つ。
①のどに力を入れて長時間使いすぎた結果
②のどの加齢。小さな声で、あまり声を出さないとこうなりやすい

 

2の原因は、胸や肩の筋肉の緊張。

 

3は下腹部の筋肉が弱く、呼吸が浅いこと。

 

4は、表情筋がほとんど未稼働であること。

 

 

 

もちろん、原因は全て複合的なものですから、一概に言い切れるものではないですが、一般的には。

 

 

 

爽やかで清潔感のある声を出すには、声のブレーキをはずして、アクセルを踏み込むことが大切です!
もっと言えば、ブレーキをはずせば、ほぼそれで問題解決。

 

ブレーキというのは、上記した『原因』です!

 

 

 

つまり、
1、のどの力を抜いて
2、はっきり大きな声でしゃべり
3、肩や胸をストレッチしリラックスし
4、下腹部の筋肉を鍛え
5、表情筋をしっかり鍛えること
が、解決策なのです。

 

 

 

「相川さん、全部はできません・・・」

 

 

 

ですよね(笑)
当然でゴザイマス。

 

ビジネスにプライベートに忙しい男子の皆様のために、これだけやりましょうというものを提示。

 

5つの解決策の中で、最もわかりやすく即効性があるのは、5の表情筋をしっかり鍛えるです。

 

出勤前の3分で充分!
下記のトレーニングをやってみてください。

 

 

 

1、出勤する服装に着替え、かばんを玄関に置く

 

2、鏡に向かって立つ。

 

3、思いっきり驚いた顔をする。その状態で10秒キープ

 

4、思いっきり悲しい顔をする。その状態で10秒キープ

 

5、思いっきり笑った顔をする。その状態で10秒キープ

 

6、驚いた顔、悲しい顔、笑った顔を、1秒ごとに繰り返す。
「驚き、かなしい、笑い、驚き、悲しい、笑い・・・」

 

7、6を30秒繰り返す。

 

以上です。
上記の表情筋トレーニングは、気持ちはいれなくていいですからね(笑)

 

これをやるだけで、もちろん表情も明るくなりますし、表情筋が動くことで高めの音が出やすくなります。

 

 

 

1、ダミダミした声

 

2、甲高くてキンキンした声

 

3、ぼそぼそした聞きにくい声

 

4、暗い声

にあてはまるかも・・・と思う方は、ぜひ実践してみてくださいね!