voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


お正月と声

こんにちは!
リーダーズヴォイストレーナー相川陽介です。

 

今回は年賀状の話題です♪

 

今年も、ステキな年賀状を送ってくださった方々、ありがとうございます・・・
おかげさまで、年始から幸せな気持ちになりました。

 

皆様は、年賀状、どうでしたか?

 

ちょっとドキッとする記事を発見しましたので、御紹介。

 

「もらってガッカリするKY年賀状」
http://news.livedoor.com/article/detail/4522218/

 

 

 

ひぃぃぃーーー
という、怖い記事です(笑)

 

年賀状書くの好きな自分には、とっても怖い。。。

 

この記事は、独身女性のためのサイト「独女通信」に紹介されていたものです。

 

果たして、どんな年賀状がマズイのでしょうか・・・
曰く、以下のような感じだそうです。

 

 

 

「出産したばかりの女性上司からの年賀状に、年明けから愕然。そこには「子どものいる暮らしもいいものですよ!」と。
律子さん(26歳)

 

『主婦は365日休めなくて大変です。恵はいつもかわいい服着ているね。気ままな独身貴族がうらやましいな』
恵さん

 

親戚のおばさまたちから「早くお母様を安心させてあげてね」

 

「年末年始全く関係ない、仕事に対する熱いメッセージが全面的にかかれた上司からの年賀状。何かの宗教みたいで引きました」
圭子さん(28歳)。

 

「すべて印刷で済ませた、まったく面白みのない年賀状。少しはヒネって欲しい」

 

「男友達からモー娘。メンバーの写真を大きく使った年賀状が届いた。別に私はファンじゃないし…」

 

 

 

なるほど!
とのことです。

 

男性女性共通としては、全て印刷で済ませた年賀状というのは、確かに面白みがなくて残念な気持ちになりますね。

 

機械ですからねぇ。

 

手書きだと、内容はともかく、温かみが伝わりますよね。

 

最近は、メールで済ませる方もいらっしゃいますし、それはそれで内容がしっかりしている場合はOKな気がします。

 

また、年明けのタイミングで、携帯にひゅっと「あけおめ!」というのも、若者ならではでうれしいですね(笑)

 

 

 

一番人の温かみが伝わるのは、やはり直接訪問して、声をかけることでしょう!
なんといっても、これにはかないません。

 

文字は、ビジュアルのみ。
訪問は、ビジュアルに声に、たくさんの情報がつまっています!

 

 

 

しかし、
「お正月は寝正月でした」

 

「お正月は、家でごろごろしてテレビ見てました」
という人は要注意!!

 

なぜか。

 

声が変わっている可能性があるからです。

 

 

 

というのも、寝てたりごろごろしている状態というのは、発声に使う筋肉がほとんど使われないのです。

 

つまり、その状態でどんどん声を出すと、ウォーミングアップなしで全力疾走するようなもの!

 

事故る=声が枯れる、上ずる、暗いこもった声になる

 

という結果になりやすいです。

 

では、どうすればいいか。

 

発声に使っている筋肉を目覚めさせてから、声を出すのです!

 

 

 

1、足を肩幅より広く立つ

 

2、下腹部を意識する

 

3、そのまま「でんでん太鼓」のように体を左右に振りはじめる

 

4、大きく振ったり小さくふったり、強く振ったり弱く降ったりと変化をつけて5分間動かし続ける

 

 

 

以上です。
やってみるとわかりますが、体の内側からじわーっと暖かくなっていることが感じられます。

 

カンタンな声のウォーミングアップですが、効果は絶大です。

 

是非お試しくださいね!

 

2010年、意識の高い人は、今年の指針や目標を、お正月の間にしっかりと設定しているものですね。

 

「今年は人前にでて話す!」

 

「今年は芸術に目覚める」

 

というような目標を設定した方には、ヴォイストレーニングがオススメです。

 

新年、幸先のよいスタートを切られる方は、ぜひ体験レッスンを受けてみてくださいね♪

以下の問い合わせフォームのメッセージ欄に、「体験希望」と書いて送信ください。