voice colum

ヴォイスコラム

ビジネス・スピーチ・話し方


あなたの声は加齢している?

こんにちは!
相川陽介です。

 

今日もいい天気ですね・・・

 

 

 

年末が近づいてきて、指折り、帰省する日を楽しみにしています♪

 

 

 

先日、テレビに、聖路加病院理事長の日野原重明先生が出演されているのを見ました。

 

いやーー

 

すごい。

 

日野原先生のことは、雑誌「 致知」にのっていた記事を読んで存じ上げていたのですが、動画の日野原先生を拝見したのは初めて。

 

ちなみに「致知」は、とてーーも心の鍛錬によい、いい雑誌です♪
http://www.chichi.co.jp/

 

 

 

「生きるっていうのはね・・・」

 

 

 

と、小学生の子供たちに対して語りかけている様がすごかった。。。

 

御年98歳!

 

 

 

相川陽介、僕も生涯現役で、あんな風なおじいちゃんになりたいものです♪

 

 

 

ぴしっと立って、はきはきしゃべる。
頭もすっきり。
笑顔で。

 

そのためには、しっかり定期的に運動して、仕事して・・・
アンチエイジングせねばです!

 

 

 

実は、声もエイジング(加齢)するって知ってました??

 

 

 

そう、声も、年を取るんです。

 

具体的に言いますと、女性は32歳、男性は45歳くらいから声帯の筋肉組織が堅くこわばり始めます。

 

 

 

一般的に男性は、どんどん高い声になっていきます。

 

女性は、どんどん声が低くなっていきます。

 

 

 

両性共に起こる現象としては、声にノイズがまじることです。
それは、声帯の筋肉組織の運動能力が低下するために発生します。

 

「あーーー」

 

という声に、何か、ダミダミっとしたものが混じるような。

 

声帯の能力が低下する原因は、

 

「ぼそぼそしゃべる」

 

「小さな声しか出さない」

 

「ノドに負担が大きい発声をしている」

 

「椅子に毎日7時間以上座っている」

 

等があります。
普通に生活して仕事してたら、上記したこと、よくありますよね。

 

「どきっ・・・!!」
としたアナタ。気をつけてくださいねー(笑)

 

声の加齢というのは、誰にでも必ず訪れるものなので完全に防ぐことはできません。

 

そりゃは、仕方がない。

 

しかし、ええ、その通り!

 

声の、アンチエイジングをすることは可能なんですね!!

 

 

 

では、どうすれば、声の加齢を防ぐことができるのか?

 

効果があることを、いくつか御紹介します!
できそうなやつをやってくださいね。

 

 

 

1、普段から大きな声でしゃべるようにする
→小さな声というのは、実は結構ノドに負担かかりやすいです。
→大きな声を出すときには、しっかり胸を響かせることを意識

 

2、話すときはなるべく表情を大きく動かして話す
→無表情だと、顔の筋肉が衰えていきます。
→笑顔をキホンにするといいです。

 

3、2週間に1回程度、大きな声を出せる機会を作る。
→山や海、もしくはカラオケがいいでしょう

 

4、浪曲や落語、朗読や歌、カラオケや芝居など、声を出す趣味を持つこと。
→一流のビジネスマンは、必ず何か芸術的な趣味を持っているものです。芸術との関わりは、人生をより豊にしてくれます。

 

5、プレゼンやセミナーなど、1対多数で話す機会を定期的に作ること
→「『必要』は発明の母である」という言葉があります。仕事のプロモーションにもつながり、一石二鳥ですね。

 

6、スピーチや会議のときに、極力マイクを使わずに話す
→マイクに頼ると、声はますます小さくなります。
→使う場合でも、マイクとの距離に注意してください。

 

※こちらの記事を参照。

 

『1000人の前でプレゼンすることになってしまった人へ・・・本番開始5分前からできる声の出し方8つのポイント、の巻』
http://ameblo.jp/voice-artist/theme-10017788125.html

 

 

 

以上です。

 

男性であろうと、女性であろうと、年を取っても自分らしく輝いていたいですよねー!

 

上記した6つのポイントを押さえて頂ければ、まず声の加齢はかなり防げるはずです。

 

ただ、難しいのが、その「加減」です。
ちょうどいい「加減」でやる必要があるんですよ。

 

やはり。

 

ただ大きく出す!のは、ぼそぼそ声を出すよりはマシですが・・・

 

ノドを酷使し続けると、かえって加齢を促進することがあります。
明石家さんまさんの例など。

 

その辺のバランスは、ヴォイストレーナーの指導を受けるのがいいでしょう。

ちなみに、相川の場合、体験レッスンはコチラ↓
「体験希望」と書いて送信ください。