チャイルドコース

4~6歳向け「将来世界に羽ばたく人財へ」声の表現力を引き出す講座  ヴォイスアカデミアチャイルドコース


 

【初めに】

人間の脳は0~6才までに90%が発達するといわれています。

 

脳が発達する乳幼児期こそ、能力開発をするために適した機会は他にありません。

 

脳の発育が活発なこの時期に子どもたちの「楽しい!」を連続的に経験させ、脳を刺激します。その結果、心と脳を発達させていきます。

 

これまで12歳から60歳まで日本各地でのべ4000人のヴォイストレーニングにかかわってきた経験から、幼児の声の表現力を引き出すコースを作りました。

 

スマートフォン、インターネット、ロボットに格安航空会社。

 

世界はどんどん便利になってゆき、ますます

『人間にしかできないことは何か?』

今以上に問われるようになっていきます。

 

『人間力』というわかりにくい概念を形作っている要素の一つが、声のコミュニケーション力です。

 

正直言って、日本人の独特な声のコミュニケーションは、世界でとても独特。

日本人としてのアイデンティティを自覚したうえで、本当に世界で対等に人と関わる人財。

 

九州長崎の入り江に漂着した壇ノ浦の平家を起源とする(らしい)相川家の家訓の一つに、

『子供は勝手に育つ』

があります。

 

【チャイルドコース特徴】

 

大人であろうと子供であろうと同じ人間だと考えています。

 

 

●楽しく

人はほどよくリラックスした状態でこそ真の能力を発揮できるものです。

基礎の反復による厳しいトレーニングは、本人らが本心から望まない限り実施しません。

基本的に、踊りながら笑顔で楽しみながら声の表現に取り組んでいきます。

 

●自分らしく

画一的によいとされる声の表現は存在しません。

流動する現代社会で求められているのは、日本人として最低限の社会性をベースとしたオリジナリティだと考えています。

本人が心地いいかどうか?を常に問いかけながらレッスンを進めていきます。

 

●寄り添う

声の表現は個人差が激しく、他人が簡単にできるのにどうして自分はできない?と自分を責めてしまいがちです。

現状を受け入れ認識し、その上で本人がどうしたいのかを問いかけながら、じっくりと変化を待ちます。

 

 

【カリキュラム】

●第一回 「自分の声を知る」

・ゾウさんの声は?動物さんの声を真似してみよう!アニマルヴォイストレーニング

・リカちゃんは可愛い声だね!お友達の声をほめてみよう!声の印象フィードバック

 

 

●第二回 「体に響く声を感じる」

・ぶるぶるでんでん太鼓になっちゃおう!ヴォイスワークアウト

・声とボールで遊ぼう!ボーリング発声法

 

 

●第三回 「自分らしい声の表現を知る」

・ありがとう!!をいろんな声で表現しよう!発声表現バリエーションアップトレーニング

・おはよう!のシャワーになっちゃおう! 声量コントロールトレーニング

 

●第四回 「自分らしいスタイルの声の表現を創造する」

・好きな絵本を楽しく声に出そう! リーディングトレーニング

 

 

【質問 Q&A】

 

Q、うちの子供は無口なんですが、レッスンに参加できるか不安です

A、問題ありません。

大人でレッスンを受けに来られる方には大きく二パターンあります。

元々かなり声がでて話すこと歌うことが得意な人。

もう一方は、もともと無口で社交的ではないけれども、それを改善したいと思っている人。

結果を出すために様々なメソッドを駆使しますので、全く変化がないということはあり得ません。

 

Q、ピアノ伴奏で歌うんですか?

A、NOです。基本的に、話し声の表現力に特化したプログラムにしています。

 

【対象】

4~6歳

最大5名まで